比内地鶏ブランド認証票

※画像をクリックすると拡大します。

比内鶏について

比内鶏について

比内鶏から比内地鶏へ 

比内鶏は古くから秋田県の北部、比内地方で飼育されてきたので、この名前がついたと言われています。性質は活発で枝から枝へ飛び回ったり、長い距離を飛ぶこともあります。多くの日本鶏のなかにあって、比内鶏は特別な形態というわけでも、特徴ある歴史を綴ってきたという訳でもありません。しかし、その鶏肉がことさら美味であったため、鹿児島の薩摩鶏や愛知の名古屋コーチンと並ぶ日本三大美味鶏のひとつとして天下にその名を知らしめるようになりました。

比内鶏は純粋な日本地鶏でもあり、学術的にも価値が高いことから、昭和17年に国の天然記念物に指定されました。(おかげで、自由に食べることができなくなりました。)

また、比内鶏は普通の鶏に比べて身体が小さく、食用にはあまり向いていなかったことから、昭和48年に秋田県産畜産試験場が比内鶏の雄とアメリカ原産のロードアイランドレッドの雌とをかけ合わせて一代雑種を生産し、これに「比内地鶏」という名前をつけ、現在市場に流通させているのです。生産されている鶏はほぼ100%が雌です。これは、雌の方が雄に比べて肉の味の良い期間が長いためで、ひなの状態で雌だけを選別して導入するようにしています。

昭和62年には比内町比内地鶏生産部会が発足し、飼育に当たっては、比内地鶏本来の肉質を得るため、飼料、飼育方法、および飼育期間に統一した基準を定め、昔ながらの『放し飼い』で育てるという一番手間のかかる方法で日本一の比内地鶏の生産に取組んでいます。


世界に誇る日本一の味 料理オリンピックの食材へ

比内地鶏の肉の味はキジやヤマドリのような風味と香味を持っていて、噛む程にに味とコクが際立ちます。また、比内地鶏は和食での調理が多く、焼き鳥、刺身、鍋料理などが中心ですが、実はそれだけではありません。イタリア料理やフランス料理、韓国料理など世界の様々な料理に取り入れられており、そのおいしさは今やワールドクラスといえるでしょう。

さらに、2000年10月にドイツで開催された『料理オリンピック』の公式食材として比内地鶏が採用され、その美味しさは、世界の人々をうならせました。 秋田比内やでは、この世界に誇れる日本一の美味鶏『秋田比内地鶏』を様々な形(産直品・業務用食材)で全国にお届けしております。 

比内地鶏とは

比内地鶏とは

「比内鶏」を父方に、ロード種を母方にした一代雑種です。

父方の比内鶏は、縄文時代から秋田県の北部比内地方(現在の大館市比内町及び大館市の一部)に存在していた地鶏で、昭和17年に純粋な日本地鶏として認められ、国の天然記念物の指定を受けています。

比内鶏の最大の特徴は、肉味のよいことで、その味はキジやヤマドリのような風味と香味を持っていて、噛む程に味とコクが際立ちます。

しかし比内鶏は愛玩用、観賞用として飼育されてきたため小型で、産肉性や肥育性など実用面での能力が低いこと。また天然記念物の指定を受けていることから、昭和49年度より比内鶏本来の肉質に重点をおいた上記の組み合わせの『比内地鶏』が生産されております。

比内町では町と生産組合がタイアップし、昔ながらの「放し飼い」で育てるという一番手間のかかる方法で日本一の肉質作りに取り組んでいます。

飼育方法

飼育方法は、初生から30日齢頃までは、保育器の中で飼育し、放牧場内の簡易鶏舎で一週間程度飼育した後、120日以上「放し飼い」または「平飼い」とします。トータル150日以上(地鶏では日本一長期飼育)放牧場は転作田を利用したクローバー主体の草地で、1,000羽あたり1500㎡(1坪2羽)を基準とし、外敵の侵入を防ぐため外周には防鳥ネットやフェンスで囲います。

比内地鶏

生産者の愛情

現在比内町は32件の農家が生産組合をつくり、極上の比内地鶏作りに取り組んでいます。これらの農家の方々は比内地鶏のために、沢の上流まで水を汲みに行ったり、暑さに弱い鶏のため日影をつくったりし、手間、ひま惜しまず愛情をたっぷり注いで、比内地鶏を育てています。

比内地鶏

油脂抜きの穀物飼料を中心に与えますが、牧草や虫など自然の餌も豊富に食べて育ちます。

比内地鶏の旨み

比内地鶏の肉質の特長は赤みが強く、うま味成分であるイノシン酸の量が多く塩焼きにした時のジューシー感と、うま味は日本一の味です。鶏肉を鍋に入れたときに、細やかな脂肪がうき、鶏肉本来の持つコク、香りがあり「きりたんぽ鍋」など鍋物に適しております。

秋田比内やでは、

肉質の良い放し飼い・平飼い比内地鶏のメスのみを日本全国にお届けしています。

飼育方法〔平飼い・放し飼い〕
※放し飼いを主としておりますが、鳥インフルエンザ対策の為、平飼いが多くなっているのが現状です。

成長の早い順に、150日~160日の間で出荷されます。
雌の出荷時生体重は2.3kg~2.5kg程度です。
TEL:0186-52-3886
メールでのお問合せはこちらから


オンラインショッピング
メルマガ



会社案内

会社名秋田比内や株式会社
所在地〒018-5606 秋田県大館市葛原字洞喰向11-15
電話番号0186-52-3886
営業時間【月-土】8:00-16:45
【休業日】毎週日曜・水曜、お盆、年末年始